もどる
[ま]

                                                    標準物質

マイヤー試薬 (Mayer's reagent:マイヤー試薬)

ヨウ化水銀にヨウ化カリウムを加えて水溶液としたもの、すなわちK2HgI4の水溶液。アルカロイドと反応して沈殿を生じる。多くは白色の沈殿を生じる。

アルカロイド
麻黄 (Ephedrae Herba:マオウ)
Ephedra sinica(マオウ科)の地上茎
Ephedrine(喘息(気管支平滑筋の弛緩),止汗薬)を含む。

アルカロイドを含む生薬エフェドリンプソイドエフェドリン
マグノフロリン (magnoflorine:マグノフロリン)
magnoflorine
   (構造式)
厚朴、防已、辛夷、黄連などに含まれる。

厚朴防已、辛夷、 黄連イソキノリンアルカロイドアルカロイド
マグノロール (magnolol:マグノロール)
magnolol
中枢抑制作用
厚朴に含まれている。

厚朴リグナン
マタタビラクトン (matatabi-lactone:マタタビラクトン)
matatabi-lactone
マタタビの誘引活性物質の総称

モノテルペン
メントール (menthol:メントール)
(-)-menthol
健胃剤、駆風剤。ハッカに含まれている。
食品とか歯磨き粉とかに入ってて、スッとするアレ(清涼剤)

薄荷モノテルペン
没食子酸 (gallic acid:もっしょくしさん)
gallic
ピロガロール型タンニンの主構成成分の一つ

→没食子、 五倍子タンニン
モノテルペン (monoterpene:モノテルペン)
モノテルペノイドとも言う。
2個のイソプレン単位からなるC10のイソプレノイドの総称
構造は、鎖状もしくは環状
精油成分の多くはモノテルペン、もしくはセスキテルペンである。

ゼラニオールリナロールリモネンメントールペリラルデヒドチモールピネンペオニフロリンカンファーマタタビラクトンロガニンゲンチオピクロシドピレスロイドカンタリジンテルペノイド
モルヒネ (morphine:モルヒネ)
morphine
阿片の主アルカロイド
鎮痛、鎮静、止瀉作用があり、鎮痛薬としては最も強力
身体、精神依存性が高く、耐性もあり、麻薬に指定されている。
医薬品としては日本では主にコデインの製造原料として使われている。

阿片イソキノリンアルカロイドアルカロイド